ひよこがね

自分を好きになるためにできることを書いていきます

100万回生きたねこ考察2

コントロールは所有意識から始まる 100万回生きたねこは自分の命を他者にコントロールされていた 理由は常に誰かに所有されていたからだ 所有する側は所有される側のコントロール権を持つことになる (たまに逆になることもあるけれど、それも所有者側の…

確認をすると現状打破の効果がある理由

確認をする時は、暗黙の了解や非言語的な表現で共有されている物事を、あえて言語化して共有することにになる たとえば、特に決めたわけでもないのに、なんとなく自分の仕事になった作業がある そんな時は、顕在意識ははっきりと認識していなくても潜在意識…

人が変わることが怖いと思ったら自分が変わることが怖った

子どもの頃の私が宇宙船に迷い込んで、宇宙人に追いかけられる夢 を定期的に見ていた この夢の中で感じた妙な恐怖と、ワクワクは今でも覚えている 私は不登校になる前から 学校などの集団に入る前に、なんともの言えない気持ちになることがあった あえて表現…

モノに執着することと、依存関係に執着すること

断舎利が流行してから私もモノを捨てた 本や服、CDから捨て始めて 最終的にお雛様をすてることにまでなった 今まではモノに詰まっている思いをだけをみてモノを捨てなかった モノには、思い以外にも、持つことでかかる手間やスペースが必要なことは無視して…

30歳を過ぎて不登校の経験に思うこと

私は不登校だった 10代の頃や20代の頃はなぜそうなったのか悩んで自分を変えようとがんばっていた 今30代になって思うことは 不登校を経験したことは私の個性の一つなんだとということ もちろん自分で望んで得たものではないけれど 自分なりに納得いく…

ヒプノセラピー(催眠療法)体験記

突然ヒプノセラピーを受けることにした 私は1か月前にヒプノセラピーを2回受けている 常々興味があったわけではなくて ただ、体調をなんとなよくしたいとの思いから 地元で受けられる心理療法について調べている時に見つけた ヒプノセラピーに興味を持って …

朝を楽しくする

夜寝るのが嫌なのは 明日が楽しみじゃないからだっただから 朝、楽しいことをすればいいのではないか と思い付く朝楽しいのが普通になって仕事をはじめても 朝が楽しければ とりあえず夜に寝て 朝起きるところまでは 普通に楽しく過ごせるはず楽しい朝ってど…

モラハラを知れば知るほど思うこと

モラハラをする代表的な人格として自己愛性人格障害あげられる そこで、自己愛性人格障害を調べる すると、誇大型と潜在型があることが分かる そして、これまでの自分を思い出して 自分は潜在型に近いと気づく 面白いように自分の言動の説明がつくし ポイン…

不登校になったそもそもの原因

私はいまだに不登校(出社拒否)癖?が抜けなくて どうしたものかと試行錯誤している それで 一体何を恐れているのか? と考えてみたら ”こう”思われてしまうことが怖い とイメージがでてきた そしてよく考えたら この”こう”というのは 障害を持つ父が 人か…

La・La・Land考察

ピアニストの男性が神経症的言動を 分かりやすくとっていたので不幸にしがみついていないで 幸せに一直線で生きたかったという最後の心の声が よくわかったでも、彼は本当の愛を知れたからこそ 本来の自分の姿で生きられるようになった結末は悲しいようにも…

あなたは存在するだけですばらしい

仕事もせずただ生きているとなんの役割も果たさない自分に焦りと無価値感が出てくるしかし 私には私なりの理由があって 今の状況がある理由があるにも関わらずこのままの私が存在するだけですばらしいと思えないことが 私の生きづらさの根本なのだろう ひき…

私は正しい2

人が起こる理由は ”私は正しいと思っているから” だと読んだ それはそうだと思う 気になったのは 私は正しいと主張する人が 最初、”私は正しくない”と思わされた時に ”私の存在を否定された” と感じた可能性がること 唯一無二である私の存在が正しくない と…

私は正しい

私は正しいんだ とふと思った でも、人と比較して正しいわけではなく ただ、私という存在が間違っていることはない という意味が近い そして同時に 私の思考は間違うとも思う インターネットで ”私は正しい” と検索すると 自分の考えを正しいと主張すること…

親子問題は親だけが悪いのか

親の謎時が終わってからも インターネットで情報収集を続けていると アダルトチルドレン、毒親問題は 子供本人の資質も関係している という記事を目にすることが増えた 親と依存関係を作りやすい子供がいるということだった 私が思ったのは 確かに子供本人の…

心のスケッチブックと日記

子どもの頃から日記を書くことが苦手だった 「何があったか、どう思ったか書きなさい」 と言われても 定型的な事しか書けなかった 今思えば 学校の宿題で書いた日記が最初だったから 人に見られること前提で書くことが当たりまえ そもそも 日記は何のために…

インナーペアレント(内面化された親)を作り直すpart1

私のインナーペアレントは 長年、私の言動を制限し続けていた 仕事をやめ 自分を取り戻すと決め 自分のペースで生活をするなかで 母と父の言葉に 私が強い怒りや悲しみをを感じ 感じているにもかかわらず この感情を抑えて生きていた ということに 気づくこ…

モラハラ:気持ちを切り替える

モラハラの加害者は 言葉や態度で モラハラから生じる 被害者のネガティブな気持ちを 切り替えさせる いつまでも目の前で落ち込まれては 加害者が罪悪感を感じざる負えない また モラハラをされていることに気づかれても困る 被害者は”気持ちを切り替える”こ…

過去からの手紙

10年前、私は未来の私宛に手紙を書いた 内容は 「この部屋で悩み続けていた私のことを 忘れないでくださ」 という感じのものだった 当時は 自分のメンタル状態が良くなることを前提に 書いた記憶があって 願掛けのようなものだったと思う 今になって分かるの…

心屋さんの前者後者論について思うこと

心屋仁之助さんのブログをたまに見ています 勉強になります 前者後者論も目からウロコのお話で 興味津々です 人によっては疑問だったり、二元論に陥ってしまったり するのではないかと思うところもあります 私も色々考えてみましたw 心屋さんの前者後者論に…

モラハラ:自己愛が育っていない人と、発達障害者の「共感ができない」の違い

共感ができないと一言で言っても 共感には段階がある 1.相手の気持ちを感じ取る(先天的、コントロール不可) 2.相手の気持ちと同じような気持ちを自分が感じる(先天的、ある程度コントロール可能) 3.共感したことを言動で示す(後天的、コントロー…

優しく温かい母親はどこにいるのか

母親が子供をコントロールするときは 子供が抱く 「母は優しく温かい愛情を自分に抱いてくれている」 という思い込みが利用されることがある だからこそ母親は 子供から見放されることを恐れず いくらひどいことをしても 「愛なのよ」 とウソをついて平然と…

死ぬときに今日より一歩でいいから前進していたい

自分が嫌いで 自分に自信が持てなくて 自分の判断が信じられなくて 何をするにも時間がかかる時期があった 失敗するか成功するか 悪いことがあるか良いことがあるか 先が分からなくて ただ、自分が行動するだけで 嫌な記憶が浮かんで、辛くなっていた でも、…

モラハラ:二次被害「よくあることを、難しくしている」

某電話相談で 子供が、ほかの家族からモラハラ(いじめと表現)を受けていると思われる相談があった 回答者は、相談者自身の モラハラの原因となる人格について言及し、自覚を促した しかし この回答を聞いた視聴者の中には 納得できない人も多いようである 納…

そういう時代だから結婚した

父と母は 私が物心ついた時には 家庭内別居状態で 10年くらいで父が家を出た まったくもって まともなコミュニケーションを 2人がしているところは 見たことがないけど 2人が全く同じ発言をしたことがある 私の「なぜ結婚したの?」 という問いに 父も母も…

マツコの知らない世界を見てむせび泣く夜

マツコの知らない世界に幸せそうな家族が出ていた お母さんは「幸せです」と笑顔ではっきりと答え 子どもたちは、子どもらしく遊んでいた お父さんは好きなことを仕事にして楽しそうに生活している その夜、生煮えの鶏肉にあたって 布団の中で腹痛と寂しさに…

正論は私にとっての正論でしかない part2

友人の愚痴を聞いてから 感じ続けていた不安がやっと止まった きっかけは自分の気持ちを自覚できたこと 「あー嫌だ」 ってことだった 友人は自分がいかに正しいかをしゃべり続け 私の問題対処方法を聞き出し ラインへの返事は遅い 全ての言動に良心的な解釈…

正論は私にとっての正論でしかない

先日、友人の愚痴を聞き続けて 答え探しで思考が止まらなくなり 落ち着かなくなった んで、ようやく結論に行きついた 正論なんてくそくらえだ ではなく 正論はあくまでも 私にとっての正論でしかない だった 友人は 周りのみんなもAが悪いと言っているから …

処分可能な私

「なぜ日本人は世間と寝たがるのか」 「「子供を殺してください」という親たち」 の2冊の本を斜め読みして腑に落ちたことは 私が感じていた根本的な恐怖は 「処分される可能性のある私」という感覚だということ 家族の一員として望まれる人間にならないと 友…

同じ最悪なら安心感より希望のあるほうを選ぶ

大学卒業時 とても自分は社会に出て働ける精神状態ではない と強く感じていたから 当時の一番の希望は 引きこもりたい だった でも、引きこもり生活の先にある 一番想像しやすい現実は 親のお金を使い果たし、のたれじぬ 最悪な終わり 引きこもって親にしが…

早く人間になりたい

生きづらいと感じているとき んじゃ、どうなりたいのか? と考える 出てきた答えは はやく!にんげんになりた~い! と わぁたしにかぁえりなぁさいぃ~きぃおくをぉたどりぃ~ 私の記憶を辿て私に帰り人間になりたい・・・ 人間なのに、人間になりたいなん…