読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひよこがね

自分を好きになるためにできることを書いていきます

モラハラの特徴:いい人ぶる

モラルハラスメントをする人は、人によっては「いい人」と評価されることがあります

 

考えられる理由は2つあります

1.いい人と思わせることでターゲットを安心させ、けなしても離れていかないようにするため

2.自分はいい人だと思いたいため

 

いい人と評価する人の心理としては

普段悪意を向けられている、恐怖を感じていると

いい人と思い込むことで合理化しようとしているようにも見えます

この場合、いい人という評価が実際より過大評価されてしまいます

いい人ではなく、モラルハザードを犯している(自己中心的な行為)ことも多いのですが

冷静に状況の分析ができない人はこの罠にはまります

また、普段からモラルハラスメントをする人と接していない人は

いい人と思ってもらうための道具に使われることがあります

そのため、ターゲットと、それ以外の周囲の人で

モラルハラスメントをする人への評価が変わることがあります

 

モラルハラスメントをする人はいい人ではないのか

モラルハラスメントをする人が良心から行動しているように見えることがあったとしても

実際は情報収集をしようとしていたり、自分がいい人と思われたいため(相手のためではない)に行動していることも多いように見受けられます

また、平気で人をけなし、自分の都合のいいように状況を定義し他人に押し付ける人間が

本当にいい人のすることなのか、考える必要があると思います

 

ーー

さすがに人間は皆良い人って思う人は少ないと思いますが、良い人のふりをする悪人も案外身近にいることがあります

自分の感覚を信じることが大切です