ひよこがね

自分を好きになるためにできることを書いていきます

自分を好きになる:私の中心の思い

高校時代

汚い自分の部屋で

雑魚寝状態

予備校には通っていだけど

ネットで現実逃避をする

そんな毎日だった

 

家に引きこもっていても人は怖いが

外に出ても人が怖い

このままいけば

学生を卒業したら

親の年金を食い尽くし

親が死ねば生活保護だろうが

生活保護すら受けることができるかどうか

そのまえに精神疾患になっているかもしれない

 

そんなことを考えて過ごしていた

 

そんな中で

私の中にあった思い

「私が死ぬときに今より一歩でも前進していたい」

というものだった

 

寝る前に歯を磨けた

洗濯をした

ゴミを一つ捨てた

外に出た

 

なんでもよかった

ただ、今の自分よりましな自分になっていたかった

死ぬときに後悔したくなかった

 

家の中にいても辛いなら

外に出て辛いほうが

何か希望があるんじゃないかと思うようになった

だから外で働く決意をした

 

大学生以降は

「なぜ私は生きづらいのだろう」

と考え続けていた

そして

その答えが最近整理できた

 

今度は

「どうすれば楽しく生きていられるだろう」

と考え続けていくことになりそうだ

 

当時「ましな自分になりたい」

と思っていたが

今なら「ましではない自分にならされていた」

と思えるようになっている