読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひよこがね

自分を好きになるためにできることを書いていきます

モラハラ:親が絶対的存在になる

世界的には絶対的な存在は”神”の国が多い

キリスト教をはじめとして

世界中には神が絶対的な存在として位置付けられている国が多くある

そのような国では自殺は罪深いものとされ

自殺を減らす要因の一つになっている

また

たとえ親が未熟であったとしても

親も間違いを犯す人間であり

自分は神からの加護にあると思うことで

心の支えとすることができる

 

日本は絶対的な存在としての”神”が”親”にすり替わる

これは日本全体の話なのか

私の家だけの話なのか

機能不全家族だけの話なのか

定かではないが

私の家の話をすれば

どこか

神より親のほうが絶対的な存在になっている

親は

自分の意見を絶対的なものにするために

儒教や、世間や、仏教の言葉を

巧みに使って

子どもである私を縛ってきた

 

植物はあくまでも植物であり、人ではない

私の母は

母親の代わりに

瀬戸内寂聴さんと

植物を位置付けているように見受けられる

寂聴さんはどんな人でも受け入れ

植物はそもそも人ではないので人を裁かない

祖母はどこにいったかというと

神棚に写真が飾られ

神になったようである

母の中では

人間と神の位置が反転している