読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひよこがね

自分を好きになるためにできることを書いていきます

ネガティブな感情に執着する必要がない理由

自分を好きになる

私が20年以上ネガティブな感情に執着し

ネガティブな感情の原因を追究し続けて分かったことは

ネガティブな感情は、思考が仕掛けてくる脅しだということ

 

この脅しを仕掛ける思考を作ったのは母親だと思うが

それをはねのける強さを私は持っていなかった

私は自分の意思ではなく、人にコントロールされて

ネガティブな感情に執着していたようにも思う

 

自分を知り、自我がある程度確立できはじめた最近は

ネガティブな感情から脳内で人への文句がさく裂しても

こんなこと考えるより、ポジティブなことを考えたほうが

自分のためになりそうだと思考を切り替えられるようになってきた

 

ネガティブな感情をはねのける強さとは

ポジティブな自己イメージを自分で作り上げられるか

ということにつながる気がしている

 

母は「人からまじめと言われる。何が悪いんだ」と言っては憤慨しているが

まじめだからけなされる自己イメージを払しょくできないようだ

 

感情をコントロールするなどと言われるが

この、自分が無意識に持っている自己イメージにいかに気づき

自分の好ましいイメージに上書き(育てる)していくかが

根本的に大切なことではないかということが

ネガティブな感情に執着し続けて得た答えだ