読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひよこがね

自分を好きになるためにできることを書いていきます

不登校になったそもそもの原因

私はいまだに不登校(出社拒否)癖?が抜けなくて

どうしたものかと試行錯誤している

 

それで

一体何を恐れているのか?

と考えてみたら

 

”こう”思われてしまうことが怖い

 

とイメージがでてきた

 

そしてよく考えたら

この”こう”というのは

 

障害を持つ父が

人から(或いは私が)思われているイメージ

 

そのままだった

 

 

ここではたと気づいた

 

 

恐らく思春期の私は

父と同化することで

母に対抗し

父の代わりに母に仕返し

をしていたんだろう

 

そして

本当の自分を探し続けていた

 

このことに気づいてから

私には

”本来の私の姿”

があったことを自覚できた

 

まだ父と一緒に暮らしていて

友人ともうまくいっていて

それなりに自分として充実していたころの自分

 

本来の私の姿が持つ”感覚”を思い出したら

安心と頼もしさを自分の中に感じた

 

そして

人に嫌われる私は幻想であり

また、嫌われたとしても

”本来の私”である限り

それはそれとして受け入れられる

きがしている

 

本来の私の姿を捨てて

父に同化しないといけないほど

私は弱かったし

精神状態が良くなかったのだろう

 

無駄なことをしているようにも思えるけど

”人間とはどういうものなのか”

を垣間見

自分を知ることができたので

人間としては

面白い体験ができたかもしれない