ひよこがね

自分を好きになるためにできることを書いていきます

100万回生きたねこ考察2

コントロールは所有意識から始まる

100万回生きたねこは自分の命を他者にコントロールされていた

理由は常に誰かに所有されていたからだ

所有する側は所有される側のコントロール権を持つことになる

(たまに逆になることもあるけれど、それも所有者側の希望からはじまる)

 

コントロールがあるところには上下関係が生まれる

命や心といった自然的なモノは、

上の立場の意向次第で、簡単に価値が下げられる

 

 

結婚は究極的には所有欲?

最近、結婚とは最終的に所有欲であるという話を聞いた

所有して可能になることは、所有物を自分の意思でコントロールできるということ

もちろん、そこに良心があれば、相手を傷つけるようなことを積極的にはしないが

人は複雑なつくりをしているから、自分の意思とは関係なく相手を傷つけることがある

しかし、人は結婚し、家族をお互いにコントロールし合うことで何らかの欲求を満たしてきたのだろう

 

モノを持たない=所有欲を重視しない=コントロール欲を減らす

 

昨今は、シンプルライフや物をたくさん持ちたくない人が増えてきている

所有すればするだけ、自分がコントロールできるものが増ええる

別な言い方をすれば、コントロールしないといけないものが増えるということは

自分のエネルギーを使ってコントロールしないといけないものが増えることになる

 

所有されないパートナーとの関係

ねことしろいねこの結婚生活(?)は自然で、お互いを所有しているという印象を受けない

きっと、どちらかの気持ち次第では、簡単に関係性は変えられるだろう

しかし2匹の関係はとてもリラックスして心地よいものに見えるから不思議だ